幸せな日々

人生を豊かにする為にできること。僕が見つけた答えはアフィリエイトをすることでした。

レンタルサーバーは複数契約したほうがいい

複数のレンタルサーバーを契約するその意味とは?

川上です。

 

ズバリSEOの目的で

サイト間をリンクでつないで訪問者を誘導することです。

 

現実的なところだと2社契約して

ドメインを2つ取って同じジャンルのサイトを2つ運営して

 

それぞれ訪問者を流しあうといった感じです。

 

運営のイメージはこちら

 

過剰なリンクはNGですが価値を与えて

 

訪問者を誘導することは

OKということなんです。

 

昔だととりあえずキーワードたくさん入れて

価値のないサイトから過剰なリンクをいかに多く作るか

 

そういった手法はやった時期もありましたが

現在は過去手法です。

 

プロだとレンタルサーバーを何十社と契約して

リンクを送ったりしているところもありますが、

 

個人だとそこまで費用をかけたりすることも

大変だったりします。

 

コスパ考えると無料ブログでサイトを真面目に作って

そこから訪問者をメインのサイトに流すといったことが大事なんかもしれません。

一般的には副業でアフィリエイトしている人がほとんどなんで

少ない労力と資本でお金儲けができる仕組みを作ることを念頭に置いて

 

サイト運営するのがいいともいます。

 

以上、川上でした^^

 

 

文章作成で最初はコピーから始めます。

芸術でもなんでもそうなんですが

始めはお手本を模倣することから始めます。

 

楽器もそうですし

書道なんかもそうです。

 

WEBライティングでもオンなじ面があります。

リライトといって他人が書いた文章を書き換える作業もその一つです。

 

始めは頭を悩まして書き換え作業をするものですが

だんだん作業効率もよくなってきて

 

そつなくこなせるようになるものです。

 

そういったときにMSRといったツール使うと語彙もふえるし

高瑠的に書き換え作業ができます。

 

だんだんそういったツールも慣れてくると頭の中で

言いかえができるようになるので不要になってくるものですが

 

初めのうちはつかって損はないと思います。

 

次にくる壁は

行動を起こす仕掛けを作ることなんじゃないかと思います。

 

そこら辺は長くなるので

またの機会に。

レンタルサーバーには制限があります。

これは一番最初に目にすることは

コンテンツです。

 

アダルトなものとか宗教、MLMなどなど。 

政治関連のコンテンツもレンタルサーバーで

 

制限されています。

 

突き詰めて考えるとま致し方ないことだと思います。

 

上のジャンルでアダルト関連は

アフィリエイト案件も多く市場も大きいので

 

ビジネスチャンスはありますが

 

活動できるレンタルサーバーは

少ないです。

 

できるところとそうでないところを

分けて考えるべきなんですが

 

中々わかりにくいものです。

 

サイトの中身はホウレイを遵守した内容でも

レンタルサーバーが規約で制限しているので

 

これは 

 

ちゃんとチェックするべき内容だと思います。

 

アダルトOKなレンタルサーバーについてはこちらも詳しく書いてあります。

 

 

人によっては不快に感じる内容でも
ビジネスチャンスが大きければやってみる価値はあると思います。

 

 

 

賢威って買うの躊躇したけど、、

賢威購入するまで結構な時間がかかりました。

 

結局購入してがりがり使っているけど

きっかけはシリウスのテンプレにすることが出来るようなってから。

 

地味な感じするデザインだけど

信頼性を演出できるし

 

何より

 

SEOマニュアルでSEOテンプレートの使い方

をマスタすることが出来たんで

 

これは大きい。

 

また1年ほどでバージョンアップするんですが

これもいい感じです。

 

アフィリエイトする人って稼ぎたいからなんだけど

結局検索結果に出てこないと何も始まらない。

 

それであれば検索エンジンに優しい構造と

それをいかすノウハウを手に入れて稼ぐほうが

ある意味究極の効率化かもしれません。

 

賢威ダサいデザインといわれているけれども

真偽はどうか。

 

個人的には悩んで購入したんで

メインで使っているテンプレートです。

 

キーワードスカウターとももんが比べると

キーワード選定で必要なツールの一つが

選定ツール。

 

キーワードに関連した単語がワンタッチで出てきたり

情表示の可能性やライバルの強さの類推を簡単にしてくれる。

 

優れものです。

 

最終的には実際に検索結果を見てみて

判断しないといけないんですが

 

ワンボタンである程度わかるとなると

ツール使ったほうが効率的です。

 

専門的に考えると

intitleとallintitleの比率がどのくらいか判断する必要があるんですが

 

数値で実際に判定するか

ソフトまかせで類推するか

 

どちらを使うか考えたほうがいいのかもしれません。

 

いずれにしろ

ライバルの強さといったことは

 

ある程度ツールで絞り込むほうが効率的です。

 

ももんがとキーワードスカウターの違いはこちらに詳しく書いてあります。

 

いずれにしろキーワード選定は手間暇かかるんで

効率化したほうがいいと思います。

 

SEO的に考えるとワードプレスもHTMLも変わらない

僕はサイト運営はキホンHTMLで作成しています。

外部のブログはワードプレスだったりしますがww

 

SEO的にはどちらもあんまり変わらないんですが

 

ワードプレスで作成をオススメしているサイトが大多数なんで

ワードプレスでサイトさk末井しているサイトが多かったりします。

 

テンプレートもワードプレス全盛ですし

いいんじゃないでしょうか。

 

 

 

ぼくがメインサイトシリウスで作成しているのは

バックアップがワードプレス煩雑なんで

 

やっていないだけです。

 

あと頻繁に行うアップデートに嫌気がさしている感じかも。

 

こだわってプラグインなんか入れていると

バランス崩してしまうのも避けている原因だったりします。

 

ワードプレスのテンプレートで有名な賢威

実はシリウスで運営していたりしています。

 

HTML、ワードプレス

どういった形式でメインにするかは

あなた次第だと思います。

 

やりやすいほうでいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

シリウスとホームページビルダー

シリウスとホームページビルダー

どちらも素晴らしいです。

 

でも一番違う点は個人的に使うものか

営利目的で使うカの違いだと思います。

 

シリウスアフィリエイトサイトを作るのに

よく用いられます。

 

ホームページビルダーは個人の趣味サイトなんかに

よく利用されています。

 

SEO的に言ってもシリウスは営利目的で使うことが多いから

内部的な構造も

 

ホームページビルダーのテンプレートと違って

本文がサイドバーの上に設定されているので

 

検索エンジンの評価もいいです。

 

またアフィリエイトって複数のサイト運営するので

そちらも便利なように設定されています。

 

要はサイトを運営するときの目的に応じて

作成ソフトを選ぶほうがいいんじゃないかと思います。